ブログ検索

メタ情報
RSS

作業が一気に終わってきたので固め打ちの様相で、三部作の2曲目がこれです。

※MP3、動画ファイルやリンク関係をこちらにまとめました

Miranko Ring the Bits – Astronomical Tunes

これら一連の作品についての「これはどのような動画か」「なぜ作ったのか」「どんなテーマで作っているのか」についてはこちらのエントリーをご覧ください。

ここではこの曲について書きます。

 ■この曲について

1曲目のStarmineが花火で、その光がのびていった先、天体へと目を移したのがこの曲です。邦題は「天体のしらべ」です。この曲はインストゥルメンタルです。宇宙っぽい音を作ろうと試みました。歌がない(ミクがない)だけでえらいマニアックなカテゴリーになって閲覧数も伸びないですが、気にしないw

Starmineは放置も含めて制作に1年以上の時間をかけたこともありかなり熟成できましたが、この曲は通して数ヶ月のため、荒削りな印象はあります。構成も特殊です。音を詰めてしまったので勢いはあるんじゃないかと思います…

音の話はともかく、おちょう氏の絵がすごいです。抽象的なテーマであり、最初から最後まで悩ませてしまいました。しかし、普通CGにするだろうというところを全て手描きでやりぬき、独特の雰囲気を持った動画に仕上がったんじゃないでしょうか。圧縮で線が若干潰れてしまうのが残念です。

■ラスト1曲について

絵の編集はおおむね終わっています。私の音待ちです。

2件のコメント

  • にしやま さんのコメント

    2曲続けて見させて頂きました。
    いやーすごいっすねぇ。
    やはりちゃんと物を完成させるのは立派だと思います。
    その創作意欲が羨ましい限りです!

  • Mira さんのコメント

    どうもどうも

    とにかくもう意地ですw
    今回は人に恵まれました!

  • コメントの投稿

    管理人より: コメントは管理者の承認を経て掲載されます。

    ID);?>